08/29/2011



気付けば8月も終わり。茹だるような暑さもフェードアウトしたまま、もう早めに秋に向かってもらいたいものです。

今年もちょうどあっつい時期に原型を何点か製作していたので、発送にクール便を使うか本気で悩んでました。
それらも徐々に形になって来ているので、近いうちに色々と発表できるかと思います。


現在は密かにホームページのリニューアル真っ最中なんです。
今後、サイトの更新方法からのシステムを全て入れ替える為、大幅にリニューアル中です。
まだもう少し先の話ですがどんなサイトに生まれ変わるかお楽しみに!w


そんなこんなで、最近めっきり工房に籠もりっきりだったので、いつもの如くリフレッシュにマイナスイオンを求めて。。。

今回は地元水戸市に伝わる徳川家のあの人ゆかりの場所へ。


水戸と言えば皆さんご存知の『水戸黄門』ですね。
水戸藩主だった徳川光圀が日本中を漫遊したあの話です。

その光國が『大日本史』を完成させる為に晩年の隠居生活を送っていた『西山荘』に行って来ました。
人の手が加わっていない大自然とはまた違った『デザインされた自然』な旧日本庭園は、日本人の侘び寂びの精神をくすぐる、凛とした背筋が伸びる想いと、目と耳から入ってくる癒しとが上手く混ざり合った落ち着く空間でした。




今で言う門扉ですね。





竹は間隔を空けて配置されています。





美しいの一言です。





デザインです。





まさに機能美ですね。





違和感。。。



木と木の間隔や、流れる水の量から生まれる心地良い音。
季節でがらりと様相を変える木々の種類は心地良い広さを歩きながら堪能できます。
平坦では無く、高低差をも上手く利用した作りなので景色が立体的です。
フと見る景色がどこを見回しても美しくデザインされて、今にも通じる機能性が美しい建物。

今回リフレッシュ以上に、背筋が伸びる気持ちになりました。

ここ西山荘も震災の影響で立ち入りが制限されている場所もありました。
この敷地内には水戸黄門でおなじみの助さんが住んでいた家もあるんですが、その周辺は立ち入り禁止になっていました。
今度はまた秋にでも紅葉の庭園を見に行きたいと思っています。


一体何のコーナーだかわかりませんが、もし水戸に来られる際には是非遊びに行ってみて下さい!w
日本人で良かった感を強烈に感じますので〜




posted by ANIMAL-WORSHIP SILVER at 04:43 | Comment(0) | Diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。